狭い世界を広い世界にしてみたい


by karma22

World World World

ASIAN KUNG-FU GENERATIONの最新アルバム「ワールド ワールド ワールド」の中から何曲か。
というかASIAN KUNG-FU GENERATIONの歌詞は深くてなかなか理解がしにくい。


NO,9
「炸裂 目も眩む ~ もう何も落とさないで」を見ると…連想されるのは原爆なのだが。
「パトリオット」は愛国者という意味である。この曲のテーマが原爆であれば、「パトリオット」はアメリカという風にも取れる。というより、そもそも「パトリオット」はアメリカのミサイルの名称の一つでもある。
心の奥に焼きついたのは、周りには何もない、寂しい空だったのだろうか。

ライカ
ライカとは、ソヴィエト連邦が1957年に打ち上げた人工衛星に乗せられた犬の名前である。
この人工衛星スプートニク2号は人類最初の宇宙船であり、これによって有人の宇宙船という希望に一歩近づいたのである。
だがライカは打ち上げ成功後、5~7時間したのち死亡したと言われる。過労とストレスによって。
「結ばれぬ点と線 切実な遠吠え 涙流して「誰か応えて」何処からも返事はないよ」
地球とここはもう繋がりはしない。どんなに泣こうが、どんなに鳴こうが、返事などない。
深い闇は…死?
「ライカ」は、ロシア語で「吠え屋」の意。

惑星
BUMP OF CHICKENの「stage of the ground」を連想させられたのは僕だけだろうか。
人は誰でも志があれば輝ける存在である。他人と同じ考えなどない。本当に同じなら、それは間違い。
今現在時を切り抜ける力がなくても、信念があればいつかは輝ける。さあ何をすればいいんだい?

新しい世界
これは、ASIAN KUNG-FU GENERATIONそのものを歌っているんじゃないだろうか?
彼らはこのアルバムを製作し、新しい世界が見えたのではないか。


ここに記載するのは全て個人的な考察であり、正しいとは限りません。参考程度にしましょう。
是非、曲の意味を考えてあげてください。理解すれば、曲もきっと嬉しいでしょう。
[PR]
# by karma22 | 2008-03-20 22:56 | 音楽

WONDERFUL MUSIC

音楽という素晴らしい世界に誰もが自然に入り込むことができる。
当たり前のことだが、これは戦争やら世界情勢やらよりも大切なんじゃないのか?

9mm parabellum bullet
ASIAN KUNG-FU GENERATION
BUMP OF CHICKEN

上記のバンドの曲の考察、 その他を書き込んでいきます。
暖かく見守りください。
[PR]
# by karma22 | 2008-03-20 00:04